お役立ち情報

車に関するお役立ち情報

燃料の種類について

レギュラー最も一般的な油種であり、普通車や軽自動車の多くがレギュラーガソリンを燃料としています。
ハイオク

レギュラーガソリンより高価で、高排気量の大型セダンやスポーツカーに採用されていています。

軽油(ディーゼル)税率により安価で、燃費性能に優れトルクがあるので業務用車両に向いています。

給油口の位置について

代車やレンタカーを使用した際の給油時に、給油口の位置を探すのに手間取った経験はありませんか。

メーターパネルを見れば給油口が左右どちら側なのか一目瞭然です。

給油機マークの横にある小さな三角印が給油口のある側を示していますので、ご確認下さい。

夏用タイヤと冬用タイヤについて

タイヤ

夏用タイヤと冬用タイヤの違い

・夏タイヤは乾いていたり濡れたりしている路面では、耐摩耗性や排水性に優れています。

・冬タイヤは雪道や凍結路面で性能を発揮します。路面が低温になってもゴムの柔らかさを維持できるように作られています。

暖かくなって路面の温度が上がってくると、冬タイヤではゴムが柔らかすぎて、ブレーキを踏んでから止まるまでの時間が夏タイヤよりも伸びてしまいます。安全に運転するためには、時季にあったタイヤにしてあげることが大切です。

車

【冬用タイヤから夏用タイヤへ戻すタイミング】

萩では3月中旬から4月中旬までに交換される事をお勧めします。しかし、山間部の方や寒い地域に行くことがある方は、天気予報など確認して判断しましょう。

早めに替えたら季節外れの雪が…そんな時はタイヤチェーンの対応を検討してみてください。

家庭用燃料に関するお役立ち情報

暖房器具の取り扱いについて

石油ストーブ

【タンクは空にする】
灯油を抜かずに保管すると、灯油が変質してストーブが故障する原因になります。火災も心配ですね。

【灯油の抜き方】(メーカーの説明書を参考にしてください)
・タンク内の灯油はポンプやロートを使ってタンクに戻します
・本体にも少し灯油が残ってます。スポイトで抜いたり、空焚きをして使い切ります
・油フィルターは灯油ですすぎ洗いし、日陰で干します。
・ファンヒーターは空気取り入れ口のほこりを掃除機で吸い取ります
・本体の汚れやほこりをふき取ります
・保管は湿気のない平らな場所で

【残った灯油はどうする?】
・来シーズンまで残すと灯油の変質・劣化で点火不良による故障が起こる場合があります。
・購入店で引き取ってもらえるかもしれませんのでお問合わせください。

寒い時期に活躍してくれたストーブです。きれいに掃除をして来シーズンも活躍してもらいましょう。